出産後の骨盤底筋群のゆるみを改善したベリーダンス

昨日はダラブッカ(エジプト太鼓)を探して来店されたご夫婦に気持ちがほっこりしました^^

地方で自営業を営まれているご夫婦。
ご主人が演奏されるのかな?と思ったのですが、話を伺ってみると、奥様が踊られるベリーダンス発表会を宣伝するためにご主人がプロモーションビデオを作っており、その映像にダラブッカを使いたいということでした。

なにその素晴らしいサポート体制!
プロデューサー兼マネージャーとして、ご主人が奥様のベリーダンスを積極的に応援されているんですね!!

インターネットのダラブッカ画像では満足できず実物を買いに来たとのことで、なんとも本物志向で凝り性な旦那様でした。

ベリーダンスを始めるよう勧めたのもご主人だったそうです。
奥様が気づいたときには勝手に体験の予約を入れられていたんだとか。

実は奥様は4人の子供を出産されてから骨盤底筋群がゆるんでしまい、尿漏れに悩んでいたそうです。
骨盤底筋群とは骨盤の最下部にあり、1.臓側骨盤隔膜 2.骨盤隔膜 3.尿生殖隔膜の3層構造になっている筋群の総称です。
普段は意識しませんが、ハンモックのように内臓を支える働きや、排尿時のコントロール、姿勢の保持を担っているんですね。

「4人も産んでもらって有難く申し訳なくて、何かできないかと思った」というご主人は、この骨盤底筋群を鍛えられる方法を探してベリーダンスに行き着きました。
ほかにもヨガやピラティスを検討しましたが、目的がある運動のほうが続くと思い、発表会などの目標に向かって頑張れるベリーダンスを選んだそうです。

ベリーダンスを始めて4年になったという奥様。
「いまだにシミー(小刻みにお腹をふるわせる動き)ができないんですー」と話されながらも、とっても楽しそうでした。
ジャンプするだけで不安だったという尿漏れも、今ではすっかり治ったそうです。

医師監修の骨盤底筋群を鍛えるエクササイズなどを調べると、”お腹に力を入れず、肛門や膣をしめることを意識する” ことが大事なんだそうです。
日常のようにリラックスした状態で踊ることのできるベリーダンスの動きは、意識せずともその状態になるんですよね。

「縦の腹筋がついてお腹もきれいになったし、ベリーダンスを始めてくれてよかったと思ってる」とご主人も嬉しそうでした。

素敵なご夫婦と共に、ダラブッカは地方に旅立ちました。

発表会、大成功しますように^^

● ONLINE GROUP ●

Binari-韓国語をゆる楽しく学ぶ会-
オフライン・オンラインでつながり、韓国語をゆるく学習するグループ
細く長く続けるために、みんなで楽しみましょう!