ベリーダンスレッスン

レッスン中、アラビア語の歌詞が「聞こえ」て感激!

エジプトから帰国して翌々日から、Tiltaの中級レッスンに復帰しています。
やっぱりsali先生に会うと元気になる!
エジプトでTiltaシックになったくらい、いまやTiltaは私のホームです❤

エジプトへ行く前はハッガーラという伝統舞踊を習っていましたが、今週からはオリエンタルに戻って、振り入れが始まりました。
曲は「leilet hob(ライラットホブ)」。
saliさんの振付です。

ライラットホブはウンムカルスームが歌う超有名曲ののひとつ(の、前奏部分がよくダンスに使われる)ですが、今回振り入れしてもらうのは同じメロディーに、別の歌詞をつけて別の女性歌手が歌っているバージョンです。

2018年に何度かこの曲で踊られるsaliさんを見ていたのですが、昨日のレッスン中、冒頭の振り入れをしてもらっている途中に衝撃が!!

歌詞がわかる! 聞こえる!!

以前は音でしかなかったアラビア語の歌詞の1文が、ふっとまるまる理解できて、、、

もう、ウォ、ウォーターーー!!!
な感じですよ!
※注:ヘレンケラーの伝記より

もちろん全部わかるわけではなくて、ボヤーッと単語と文章構造が聞き取れるぐらいのところがほとんどなのですが、エジプトに行く前から何度も聞いていた曲が、踊っている最中にまったく違って聞こえて、意味を持って迫ってきて感激でした。

韓国語ではこういう風に外国語が「聞こえる」ようになることを귀가 열리다「耳がひらく」(直訳)と言います。

アラビア語に対して、少し耳がひらけてきたようです。

エジプト行ってよかったー!
Fathy先生、Hisham先生、ありがとうー!

これからの振り入れが楽しみすぎるー♪

● ONLINE GROUP ●

Binari-韓国語をゆる楽しく学ぶ会-
オフライン・オンラインでつながり、韓国語をゆるく学習するグループ
細く長く続けるために、みんなで楽しみましょう!