ドバイ ベリーダンス

ドバイのかわいいギャラリーカフェ、ナイトスポットで女子旅を満喫

Day2 in Dubai  11/6 火曜日

 

2日目、起きてみるとホテルからの眺めがなんとな~く霞んでいました。

砂嵐なのだそう。頻繁ではないものの、砂嵐が発生することがあるそうで、この日は一日中なんとなく白っぽい天気でした。

旅程には問題なく、Irisさんとふたりで最新スポットやベリーダンスレッスン、ナイトスポットなど楽しんできましたよ!

 

ミュージアムショップやカフェがセンス高し! 進化中のバスタキア地区

ドバイの観光スポットのひとつである「バスタキア地区」へ行ってきました。

昔のドバイの街並みを再現しているスポットで、全体的にフォトジェニックな感じ。日本でいうところの東映太秦映画村といったところでしょうか。

▽左「アイ・ラブ・ドバイ」と右「アナ・ラブ・ドバイ」ドバイ ベリーダンス

▽昔ながらの街並みの中に、突如コーヒーカップや射的などのゲームが現れる。ドバイ ベリーダンス

作り物感はいなめなくて、「ねずみの夢の国の中東ゾーン」で事足りそうな気が一瞬しましたが、何が違うって、太陽が違いますね~。影の中でもさらに濃い影と薄い影ができるくらい、全方向的な強い太陽。
ドバイ ベリーダンス

また、Irisさんも驚いていたほどエリアが拡張されていて、従来のバスタキア地区の3倍ほどの面積になっていました。新エリアには日本のスイーツカフェ「雪の華」や「DUNKING DONUTS」など、海外のカフェ、セレクトショップなどもできていましたよ。ジュメイラグループのホテルもオープンするようです。

既存エリアでは、ギャラリーを併設したカフェが何軒かあって、とても素敵でした!

古い街並みの狭い門をくぐると、中には中東アーティストたちによる現代アートが展示されていました。

▽ヨルダン人でドバイに住むアーティストによる影を使った作品。これ好き!ドバイ ベリーダンス

ギャラリーにはカフェも併設されています。

▽欧米モデルのご一行がフォトジェニックしに来ていました。ドバイ ベリーダンス

アラビア語を組み込んだ絵画やラクダのアートも、ハイセンスでパンチの効いたかわいさ。家に飾りたいな~と思う感じでした。作品はほぼすべて購入可能で、大体10万円~値札が付いていました。

ミュージアムショップで販売しているアクセサリーも、古来と現代の中東を感じるハンドメイドの素敵な作品が多く、物欲が刺激されました!

 

こちらのカフェではアート鑑賞だけして、すぐ近くの別のギャラリーカフェでひとやすみ。

▽くり抜き模様の窓から日光が差し込む、半野外のカフェドバイ ベリーダンス

フレッシュミントレモネード(25UAE)を注文しました。クエン酸が暑さに効く!

ドバイ ベリーダンス


 

ドバイの一般的なベリーダンスレッスンは……難アリ。

この日はIrisさんのレバノン人のベリーダンス友達が体験レッスンを開催するとのことで、連れて行っていただきました。連日のベリーダンス体験です。

ショッピングモール内のトイレで着替え、モール内の貸しスタジオで開催されるレッスンに参加。アラブ人の生徒さんはおらず、ロシア人、レバノン人などが参加していました。

事前にIrisさんからは「昨日のエジプト人の先生とはまったく別物で……ドバイの普通のお教室はこんな感じという見学のつもりでどうぞ」とのコメント付きだったのですが、いえいえ、ベリーダンス音楽に合わせて身体を動かすだけで楽しいので大丈夫です、などと言って参加した私。

しかし、うーん、これがドバイの一般的なクラスなら、とてもひとにはオススメできないなと思いました。

先生はレバノンからドバイへ来てトルコ人にベリーダンスを習っていて、バレエも教えているというバックグラウンドを持つかたでした。音楽の切れ目とリズム(特にサイーディリズムパート)を無視した振り付け(即興かと思ったら振り付けでした)、足は半プリエ(屈伸)状態でずっと股が開いていて、動きには無理があって、なんだか身体を痛めそうな感じ。最後には「クールダウンをしましょう」と言ってノリノリの音楽をかけてから、パッセ(バレエの片足でつま先立ちするポーズ)の練習をして終わりでした。(めっちゃけなしまして、すみません。でもこんな感じでした。)

これまた、中東出身だったらノリを心得ているかというとそうではないのだな、先生はやっぱりちゃんと勉強してないとダメだなと思いました。日本の先生がたは勉強熱心で有り難い環境ですね。

また、ただただベリーダンス音楽に合わせて先生の動きを真似する時間なら楽しいとは言えず(前日のエジプト人先生のクラスではそれだけで最高に楽しかった)、先生たちが音楽の切れ目や身体が喜ぶ動きを大切にしてガイドしてくれること(これ、まさに今Tiltaの中級クラスでSali先生に習っていること)ってとても大事なんだなと思いました。

 

「バージュ・カリファ」タワーと噴水は野外から見上げるのがオススメ

レッスン後はドバイモールからすぐのバージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)タワーの足元へ。名物の噴水ショーを見ました。

ドバイ ベリーダンス

実は7年前に訪れた際にタワーの上から噴水ショーを見下ろしたことがあり、その時はなんとも感じなかったのですが、野外で見るととてもいいですね!

音と噴水の音のマッチングが素晴らしい(ベリーダンスに取り入れたいような流線型の水の動き)ですし、美しかったです。 30分おきに開催されていて、毎回、曲と噴水の動きが違うそう。

派手なクラシック系とハリージ(ベリーダンスにも使われる湾岸音楽)の2回を見ることができました。

▽すごい高さまで吹き上げる噴水

ドバイ ベリーダンス

プロジェクションマッピングショーも見応えありました~。

ドバイ ベリーダンス ドバイ ベリーダンス ドバイ ベリーダンス

タワーは野外で足元から見上げるに限りますね!

 

ドバイのナイトスポット★ 毎週火曜のお得なレディースナイトを体験

さて、3日間のドバイ滞在期間が運よく火曜に当たりました。

毎週火曜は各クラブでお得なレディースナイトを開催しているそうで、Irisさんに連れて行っていただきました。女性なら通常必要なエントランスチャージも不要、3杯無料や飲み放題などの特典があり、なんなら無料で楽しめる。イギリス人などはよくハシゴしているそうです(うらやましい!笑)

▽バスタキア地区のギャラリーカフェで見つけた作品「チューズデーナイト」

ドバイ ベリーダンス

行ったのはショッピングモール内にある(ドバイのほとんどの目的はショッピングモール内で完結する!)日本テイスト(?)のお店。

▽奥の方に赤く光る大仏? DJブースから大音量の洋楽が流れています

ドバイ ベリーダンス

こちらのお店はバーとクラブの間といった雰囲気の落ち着いたお店でした。若い女子グループのほかにも、おひとりのおばさま、ヒジャブをかぶったアラブ女性のグループなどいろんなお客さんが来ていました。

男性グループよりも女性が多数なので、レディースナイトは女性にとって取り入れやすいドバイの夜遊びかも。

3杯無料だったので、ちゃっかりロゼを3杯いただきました。

今回、中東旅ということでたまには禁酒の1ヶ月になるかと思いましたが、エミレーツやバーで結局飲んでおります。えへ♪

ドバイ ベリーダンス

お決まりの観光スポットやナイトスポットを回れて充実した夜でした★