ベリーダンス

Hishamさんのアラビア語アーンミーヤ個人レッスンレポ。わかりやすいです!

エジプトからリハビリのため帰国されたムハンマド上田さんのお見舞い詳細は「上田さんが、ムハンマド上田さんが、立った!」参照に行った際に、el Hobbの女社長 奏さんからお声掛けいただいて、アラビア語の個人レッスンを受けてきました。

アラビア語個人レッスンで言語好き同士、意気投合!

教えてくださったのはHishamさん。
エジプトから上田さんを介添えしてきてくださったかたです。

エジプトに生まれながら、フランス語で教育を受けており、日本語も少し話せるHishamさん。
語学好きだそうで、もちろん英語も堪能です。
クセのない英語でわかりやすく、レッスンがスムーズでした。

私も幼い頃から多言語育ちで言語好きなので、すっかり意気投合してしまいました!
奏さん、ご紹介ありがとうございます!
ベリーダンス

「永遠にやってられるね!」というモードだったので、奏さんが適切なところで中断してくれなかったら永遠にやっていたかもしれません。

1時間~1時間半くらいのトライアルレッスンのつもりでしたが、始まると白熱してしまい、いつのまにか3時間近くになっていました(笑)

Hishamさんからアーンミーヤについてたくさん学べました!

私はエジプト大使館のアラビア語講座でこの9月からフスハー(アラビア圏の共通語)のステップ2のグループ授業に進んだので、実際にエジプトで使われるエジプト方言アーンミーヤとフスハーの違い、実生活での言い回しに興味がありました。

やはりマンツーマンは進度にかかわらず、いま自分が知りたいことをピンポイントで学べていいですね!!
本や大使館の講座だけではわからなかった疑問を解消できました。

たとえば
・日本人女子がフスハーをしゃべっているのを見るとやはりちょっとFunnyで面白い(笑)
・フスハーを学ぶことはちゃんとアーンミーヤを理解する足しになる。
・フスハーとアーンミーヤの違いはおおよそこんな感じ。
  1) 3つの文字の発音が違う(それにより違って聞こえる単語があるが、語幹はほとんど同じなのでフスハーの単語を覚えてエジプト方言に置き換えることは可能)
  2) 疑問詞が違う(これによって旅行会話帳のフスハーとアーンミーヤの言い方などは大きく異なって感じてしまっていた)
  3) 文法も少し違う(印象としてはビジネス敬語の日本語と友人同士で交わす日本語のメールぐらいの差かな?)
・アーンミーヤ版 動詞の時制の活用(現在系、過去進行系などの変化)
・ルート音の活用パターン(on the weight of 〇〇 という考えかた)
・アーンミーヤ版の主なあいさつ言葉
・アラビア語にも敬語がある
などがわかりました。

大満足です!!

【朗報】2019年春に来日予定中なのだそう

で、朗報なのですが、現在Hishamさんはエジプトで日本人の奥さんと暮らしていますが、来春から日本に来る計画があるのだそう。

◆英語がわかりやすい
◆言語理解が深い
◆人柄がいい

そんなHishamさんなので、アラビア語に興味のあるかたはレッスン検討されるといいと思います。
アーンミーヤがメインですが、フスハーについても知識をお持ちです。

語学の先生を選ぶ際に、言語理解が深いかどうか、というのは特に大事な要素だと思います。

みなさんきっと、日本語を話せても日本語を教えるとなると困っちゃいますよね。
あまりにも自然に身につけているからです。

それに比べて、幼少期から多言語を話す人(バイリンガル、マルチリンガル)は、自分の母語の構造を当たり前だと思わずに言語を分析する癖があります。(言語好きは特に。)
だから、単一言語のネイティブよりもその言語を深く知っているんです。

難しく感じがちなアラビア語ですから、ぜひいい先生に習いたいもの。

すでに一度エジプトに帰国されていますが、来春日本に再びいらっしゃるのを楽しみに待ちたいと思います!