1カ月1,000円で叶える「花のある暮らし」チャレンジ宣言♪

普段は余裕のないサラリーマンたちでさえ、桜の美しさに足を止める春。

私は「仕事人間だし。家事嫌いだし。フリルとか着ないし。ピンクの小物とかキャラじゃないし。」という可愛くない女子なのですが、お花は昔から好きです。

 

植わっているのも好きだし、切り花も好き。

 

最近、理想の生活を思い描いてみたときに、部屋の中にいつも四季折々の花があると、とってもいいなと思いました。

 

いつかそんな暮らしがしたいな。

 

 

そう思った5秒後。

ん? それくらい、長く我慢せずに早く実現すればよくない?

と思い直しました。

 

というのも、3月半ばにブーケをいただいたのですが、そのお花の一部が2週間経った今でも元気で、家の中が華やいでいます。

▽3月中旬にいただいたブーケ

 

▽今朝3月27日の朝食

 

在宅勤務が増えたおかげで出来ているのですが、ちゃんと手入れすれば意外に長持ち。

これなら生花を絶やさないようにできるかも、と思いました。

 

テーブルに加えて、今までは飾っていなかった鏡台、洗面所、キッチンに飾ると、さらにいい気分♪

▽鏡台

▽洗面所

 

掃除する気も沸くものです。

家事のモチベーションのためにも、この花を絶やしたくない! 毎日の暮らしに取り入れたい!!

 

とはいえ、先の見えないフリーランサーの身分。

生花にお金をかけるなんて贅沢では……?

そんな考えも頭をよぎります。

 

そこで、1カ月1,000円以内の予算で「花のある暮らし」をやってみようと思い立ちました。

 

1,000円なら外で食べるランチ1回分。

おいしいランチで幸せな1時間 vs 花に囲まれて幸せな177時間(=31日間)なら?

 

後者を試してみたいなぁと^^

 

 

予算が低すぎる?

 

いえいえ。狙うのはスーパーのお花コーナーです!

菊などの仏花しか売っていないイメージですが、実は季節のお花も並んでいます。

 

もちろん、スーパーのお花と花屋さんのお花は価格が違う分、品質に差があるのは否めません。

 

より良質でキズのない、手入れの行き届いた花が並ぶのは、専門店であるお花屋さん。

私も他人へのプレゼントを選ぶなら、日比谷花壇やAOYAMA FLOWER MARKETなど、間違いないお花屋さんでお買い物します。

ですが、自宅用ならスーパーにあるお花を飾ってもいいのではないかな、という考えです。

 

そういえば、果物も同じですよね。

色ツヤがよく手土産にできるグレードの果物もあれば、日常的においしく食べて栄養を摂取できればいいや、というグレードの果物もある。

 

というか本当は野の花を摘みたい。

そのグレードでいいんです。

 

近くに菜の花やつゆ草がきれいに咲いている場所があるんですが、摘んじゃダメ。

コンクリートで埋め立てて花をなくしておいて、有料で買わせる。

都会ってなんてケチなんだろうって思います。(笑)

 

 

だから、ブランドにこだわらず、日常用の花を絶やさない家を楽しんでみたいと思います。

 

ときどきお花の写真アップしていきます^^

● ONLINE GROUP ●

Binari-韓国語をゆる楽しく学ぶ会-
オフライン・オンラインでつながり、韓国語をゆるく学習するグループ
細く長く続けるために、みんなで楽しみましょう!